缶つまコラボ

ダカールラリー速報 後半戦の激戦!

最後のアタカマステージで2号車がSS15位

1号車も順調に走行を続行中

ダカールラリー2015はいよいよ後半戦に突入。13日にはチリのイキケ~カラマ間で450㎞の競技が行われた。
SSはビバークから51㎞移動したイキケの町の東側からスタート。前半部分はアントファガスタ~イキケ間やイキケ近郊でのマラソン行程(トラック部門のみ)で何度も使用したエリアを再び走るもので、早々に砂丘も登場。

後半は前回大会でも使用したカラマ周辺に至る山間地で堅い路面が続く。フェシュフェシュや枯れ川も頻出して埃が酷く、標高は3000mに及ぶなど再び我慢のステージとなった。

このSSを日野チームスガワラの2台の日野レンジャーは手堅く走破。この日のトラックのスタート順は4輪車の後となったが14番目という早めの順位でスタートを切った2号車菅原照仁/杉浦博之組は砂丘を順調にクリアし、その後もノーミスでトラック部門の総合15位/排気量10リットル未満クラス首位の好成績でゴールした。
この結果により累積順位も暫定ながら総合15位とし、厳しい行程が続く中でじわじわと順位を上げるベテランチームらしい実力の高さをアピールした。

また、この日26番手スタートの1号車菅原義正/若林葉子/羽村勝美組も慎重に走行を続け、ゴール手前のウェイポイントを総合32位で通過。現地時間午後11時時点では未着だが、間もなくゴールする見込みだ。

飛行場に隣接したカラマのビバークは標高2200mの台地にあり、夜は夏でも厳しく冷え込む。日野チームのビバークでは20時頃2号車が到着すると待機していたメカニックたちが早速作業に取り掛かった。
明日14日は再びアンデスを越えてアルゼンチンへ。サルタのビバークまでの間に359㎞の競技区間が予定されている。

菅原照仁/今大会最後の砂丘でしたが、予習していた部分もあってスムーズに越えられました。改良された今年の日野レンジャーのポテンシャルの向上は明らかで、全体的にコースが難しくなる中、今日も30分は速くなったと思います。

杉浦博之/後半は台地が広くてピストが複数あったりとナビゲーションが難しかったです。ガタガタ道を行くのでボディには若干のダメージはありますが、問題ないと思います。

画像提供:日野自動車株式会社

ページの先頭へ
K&K 缶つま×日本酒 特集
缶つまBAR!
ワカコ酒コラボパッケージ 2018年3月発売!
缶つまBOOKリリース!今夜はプチ贅沢!缶つま 極上のひとり時間
「缶つま缶謝祭!」~ついに缶つま100種類達成!チーム・スガワラも勝ちましたよ記念大イベント
缶つま女子レシピコンテスト
第1回K&K缶つま総選挙結果発表
キャラクターネーミング募集結果発表!缶つまガールズ